1.ムチの素材

2.ムチの各部の名称

3.アメリカンウィップとオーストラリアンウィップの違い

4.ハンドルの握り方

5.ムチの振り方

6.オーバーアーム (シューティング)

7.サイドアーム (シューティング)

8.リターンキャッチ (シューティング)











































































































































































◆◆◆リターンキャッチ◆◆◆

この技は技といっても的を落とすための技ではなく地面に置かれた鞭を、手元にとりあげる為の技です。

よく映画などで、地面に落ちている鞭をかっこよく拾い上げ手に取るアレです。鞭のグリップが勝手に、手元に飛んでくるように見える不思議な技です。

 

この技は片手技なので、両手鞭を扱える人は、2本で行うことが可能です。

 

まずはじめに地面に鞭を1文字になるように置きます。

次に、鞭の先端のクラッカーの先端部分に鞭のほうを向いて立ちます。

クラッカーを手に取り、その腕を伸ばしたまま大きく上に振り上げます。(サッカーの審判がレッドカードを勢いよく上げる感じでw)

 

実際に行ってみるとお解りのように、鞭のハンドグリップの部分が勢い良く自分のほうに目掛けて飛んできます。

振り上げた手が目の横を通過するぐらいのところ(写真)で、

握ったクラッカーを手放し、その手でグリップをキャッチします。 (写真)

 

練習によっては側転中に、この技で鞭を手に取ることも可能です。

文: Dio Kobayashi

Copyright 2007- Sports Whip Association Japan All Rights Reserved.