1.ムチの素材

2.ムチの各部の名称

3.アメリカンウィップとオーストラリアンウィップの違い

4.ハンドルの握り方

5.ムチの振り方

6.オーバーアーム (シューティング)

7.サイドアーム (シューティング)

8.リターンキャッチ (シューティング)


































































































































































鞭の基本的な振り方 オーバーアーム

オーバーアーム(overarm) 

 

図がオーバーアームという基本的な振り方です。

図を見ていただくとお解りのように、真っ直ぐ鞭を振り上げ、真っ直ぐ鞭を振り下ろす振り方なのですが、狙いを定めるために最初の立ち位置と姿勢が重要になってきます。

オーバーアームは、鞭先が腕の動きを常に追いかける軌道でついてきます。つまり空中を舞う鞭先より先行する形で腕を一直線に前に振り出してあげないと鞭全体の重さと遠心力を効率よく鞭先に伝える事ができません。

この動作は他のスポーツとかなり異なるため、鞭の持つ本来の威力を無駄なく発揮するにはある程度の時間が必要になる。

 

では実際にオーバーアームでの振り方を写真で見ていきましょう。

写真を見てください。これは左で鞭をもった時の構えです。

腰と頭を安定させ視線をターゲットに合わせます。

ここで大切なのは、鞭を振り終えるまで頭と目線を動かさないと言うことです。

写真がオーバーアームで振り上げるときの写真です。

続いての写真がオーバーアームで振り下ろすときの写真です。

一連の写真を見ていただくとお解りのように、真っ直ぐ鞭を振り上げ真っ直ぐ鞭を振り下ろす間も、狙いを定めるために頭と目線は1点に固定されています。

ターゲットに対しての目標の定め方は、この写真を参考にしてください。

一直線上でターゲットを狙います。

効果的に鞭全体の重さと遠心力を効率よく鞭先に伝えるためには図にある、2番から3番までの返し時間を鞭の長さに合わせとってあげることが重要です。

鞭が自分に当たったり、鞭が空中で絡まる、頭と目線を固定しているのに目標が定まらないなどは、コレが原因となっていることが多いです。

文: Dio Kobayashi

Copyright 2007- Sports Whip Association Japan All Rights Reserved.