1.ムチの素材

2.ムチの各部の名称

3.アメリカンウィップとオーストラリアンウィップの違い

4.ハンドルの握り方

5.ムチの振り方

6.オーバーアーム (シューティング)

7.サイドアーム (シューティング)

8.リターンキャッチ (シューティング)




























































鞭の基本的な握り方

 

■サムオントップ(thumb on top) 

親指でハンドルを押しハンドルを固定する握り方。鞭のぶれが少なく力の弱い人でも力強く鞭を振ることができる。

 

 

■Vグリップ(v grip)

鞭を振り上げるときに手首のスナップを強烈に効かす事ができるため、長い鞭を使う人に向いている。

 

 

■インデックスフィンガー(index finger)

力は入らないが、正確に的をクラックできる。長い時間振っていると手首が疲れてしまうため、あまり勧められない。

他の握り方より後ろに振り上げている時に、手首が開きにくいため、後ろに振り上げている時に、手首が開く癖のある人は、この握り方で矯正すると良い。

文: Dio Kobayashi

Copyright 2007- Sports Whip Association Japan All Rights Reserved.