9級
テーマ: 競技者の心得と競技のルール

学科 合格ライン
競技者の心得と競技のルール 10問/10答



競技者の心得と競技のルール


 まずは 日本鞭競技協会 競技規約 を一読下さい


学科では全てを説明していきますが、ここでは重要項目として以下を抜選させていただきます


【第14条】 失格

つぎの行為を行った場合は失格となる。

1.故意に競技規則に違反したと認められる時。

2.審判員が危険と判断した行為があった場合。

3.社会人としてのモラルに逸脱した行為があった場合。

4.協議の運営、進行の妨げとなる行為があった場合。

5.競技規則に定める禁止行為を行った場合。

【第15条】 禁止行為

1.協会の秩序を乱し、審判員の注意、制止を聞かなかった場合。

2.他人になりすます行為、その他偽りの住所、氏名等を使用する行為。

3.法令に違反する行為または違反するおそれのある行為。

4.実行委員会へ無許可での営利行為、それを目的とした競技への参加の禁止。

5.宗教団体、マルチ商法などの特定団体への勧誘行為の禁止。



学科試験問題 例
問1 つぎのうち競技規約の失格行為に含まれていないものを選べ
 A.競技中の審査員への質問
 B.社会人としてのモラルに逸脱した行為
 C.故意に競技規則に違反したとき
 D審判員が危険と判断した行為

問2 つぎのうち競技規約の禁止行為に含まれていないものを選べ
 A.宗教団体、マルチ商法などの特定団体への勧誘行為
 B.審判員の注意、制止を聞かなかった場合
 C.偽りの住所、氏名等を使用する行為
 D.販売ブースでの販売行為

解答
 問1 A  問2 D

Copyright 2007- Sports Whip Association Japan All Rights Reserved.